どうも、なめたけです。

 

今回は僕自身が大失敗をした経験から、
あなたに同じ失敗をしてほしくないために
記事を書きました。

 

僕が犯した失敗というのは

「目標の達成方法を間違えた」

というものです。

 

【僕の目標】

僕の夢、目標は地元である鹿児島にいる両親と
祖母に旅行へ連れて行ったり、
趣味に時間を費やせるように
恩返しをすることです。

 

ですが僕がやってきたことは
その目標の達成方法からかけ離れていたのです。

 

どんな間違いだったのか?
それは「何の勉強に時間を費やすか」です。

 

父親は本が大好きで、自分でも小説を書いてます。
小さな賞は取ったりしたことはあるようですが
書くこと自体を楽しんでいます。

昔は絵を描いたりもしていたそうです。

 

ですが未だに経済的な事情から
介護職で働いており、なかなか趣味に
時間を費やせていません。

母親は本も好きですが、いつか
茶道や華道をやってみたいと言っていました。

 

そんな母親も経済的な事情で30年近く専業主婦を
やっておりましたが、職業訓練校へ通い、
再就職しました。

 

祖母は鹿児島のものすごい田舎にある、
指宿(いぶすき)というところで
ずっと農業を営んでいます。

 

祖父が他界してからは寂しくてたまらないようです。
仏壇に手を合わせる姿は、小さな背中がより一層
小さくみえ痛々しいです…

 

僕の目標は目に見えてシンプルで、
経済的に豊かになれば両親を幸せにできるんです。

 

祖母も両親の近くで暮せば寂しさも
改善されるのではないかと考えています。
(夫を失う悲しみは僕にはわからないので、
 そう簡単ではないかもしれませんが…)

 

【学んできたこと】

では僕は何を学んできたか。

実は上記の目標は社会人になり、
25歳を迎えてから気付いたものなので
最初から立てていませんでした。

 

明確な目標もなく、
ただなんとなく生きていたんです。

 

ただなんとなく大学へ行き、やりたいこともなく、
消去法で大阪にある私立大学の
経済学部へ行きました。

 

今、僕は教育業界に勤めており、
受験生を相手にすることも多々あります。

 

そんな僕がはっきりお伝えします。

 

大学進学なんて選択肢の一つでしかないです。

 

本当にその大学の環境や、教授から学びたいとか
目的がなくなんとなく「就職に強そうだから」
という理由で目指すなら行かないほうがいいです。

 

断言します。

 

今、高校1年生から卒業まで学習塾に通わせたら
130~170万円くらいかかります。

 

それで私立の高校なら、
卒業までに学費が平均150万円かかリます。

 

大学は卒業までに、
私立文系なら400万円
理系なら600万円
医療系で6年通うなら2000万円くらいかかります。

 

旧帝大の医学部に通っている学生と
話したことがあります。

 

その人の先輩は高校で死ぬほど勉強して、
大学に入ってからもバイトも出来ないくらい
必死に勉強し、ついに医者になりました。

 

そこで待ち受けていたのは月の残業時間が
80~120時間の世界だったそうです。

 

それで給料は月20万円前後だとか。

残業時間は無給なんだそうです。

 

 

僕は私立大学に通っていましたが、
学生時代はバイトしていたか遊んでいたか、
部活をしていました。

授業もかなりサボってましたよ。

本当に何やってたんでしょうね。

 

それで就職活動のときにはものすごく意識を高めて
社会を知ったような顔して面接して就職したんです。

 

その結果、合わないとか言って
半年でその会社を辞めましたからね。

 

ここで重要なのは、僕が

「そんな人生を歩みたかったか」

というところです。

 

【努力の方向】

大学生の頃にたるんだのは、
高校生の頃に無理な勉強をしたからだと思います。

 

高校生の頃は、地元鹿児島にある、
公立高校に落ちた人が集まる
マンモス校に通っていました。

 

就職するコースから進学コース
(当時は地元に受かればいいところ)まである、
大きな高校です。

 

そこで僕が高校受験するときに、
進学コースが出来ました。

 

そこは学費免除だったので喜んでそこへ入りました。

 

ところがそこは0限から7限+放課後の居残り
があり、部活も出来ず、学校が成績を上げるために
試したい指導をかわるがわる受けさせられる
「モルモットにされるコース」だったのです。

 

やりたい勉強もできず、
様々な勉強方法や教材を
供給過多で与えられ続けて、

僕は

「このままじゃコイツら(学校)に
人生をメチャクチャにされる…」

と思いがむしゃらに自分で勉強をし始めました。

 

それが高校3年生の夏の終わりです。

 

チャリ通で学校が終わって、
帰宅するのが早くても19時頃、
そこから深夜1時まで勉強。

 

4時まで寝て、それから登校まで勉強
という生活を続け、若干精神を病みながらも
なんとか大阪にあるある程度有名な私立大学へ
合格することが出来進学しました。

 

これだけのことをして、
僕が送りたかった生活は

 

月に40時間の残業がデフォルトで、
それ以降はサビ残になり、

勤務開始時刻(9時)には営業先へ行くために
7時には会社に着いていて、
もちろん移動時間2時間は無給、

挙句の果てに高速道路で居眠りしかけて
死にかけるような生活ではなかったはずです。

 

そして半年で逃げ出すように転職して、
新しい職場でも会社に

住む場所も
人間関係も
財布も
時間も

握られている奴隷生活を送っているのです。

 

そこでやっと気づいたんですね。

「考え方を変えないと
 会社の奴隷のまま人生が終わる」

ということに。

 

それから本当にやりたかった目標を
あらためて見つめ直し、現状を
打開するためにもビジネスを勉強し始めました。

 

 

【学ぶべきもの】

 

学び始めてから得た知識は
世の中の企業戦略の裏側であったり、
物が売れる仕組みだったり、
セールスに深く関係する人間心理だったり…

 

高校ではもちろん、大学の経済学部でも
教えてはくれない内容ばかりでした。

 

一部の知識や用語は、
僕は大学が経済学部だったので、
学んでいることもあったのですが、
実践してお金を稼ぐという軸では
一切学べていませんでした。

 

つまり使い所が全くわかりませんでしたし、
使い方もわからないことばかり学んでいたんです。

 

当然といえば当然ですが、
日本の教育は「優秀なサラリーマン」を
生み出す教育なんですよね。

 

給料以外で財布にお金が入り込んでくる方法は
教えてもらえないんです。

 

あなたの夢や目標を達成するためには
お金を稼ぐことは必要ではないですか?

 

僕は両親や祖母に恩返しをするために、
そして僕自信が好きなことに時間を費やすために
お金を稼ぐ必要があります。

 

お金は道具です。

時間も距離も買えるんです。

それであなたの夢の手助けにはなりませんか?

 

長くなってしまいましたが、
お伝えしたいことは唯一つです。

 

目標を達成するためには
手段を間違えてはいけません。

 

僕は25歳になって学びなおしているんです。
同じ失敗はしてほしくないです。

メールマガジンはじめました

僕はネットビジネスをはじめて
人生が大きく変わりました。


なんとなく生きて、
会社に依存して、
ぼんやりとした不安が
ふとした瞬間に訪れる。


そんな生活を送っていました。


ですがネットビジネスに出会い、
90万円ほど自己投資し、 真剣に学んで行動する中で


給料をもらう以外の生き方や、
人生を豊かにする考え方、
人を動かす方法など、
学校では教えてくれない知識を手に入れました。


そして何より、
「知らない」ということは
非常に恐ろしいことだと学びました。


ビジネス以外についても言えますね。


例えば


お金についての知識がないだけで、
社会保険料を多めに支払っていたり。


睡眠についての知識が無いために
1日を台無しにしてしまっていたり。



逆に考えると、
知識を蓄え、思考を鍛えることで
人は誰でも、いつでも変われるし成長できます。


これは僕の経験から断言します。


ですので僕は学び続けたいし、
成長し続けたいと考えています。


僕はもともと仕事も出来ない、
私生活もダメダメのクズ野郎でした。


ですがビジネスに取り組みはじめて
知人友人から「変わったね」と言われる程度には
成長出来ていると感じています。


そして同じように考え、行動してくれる人が
増えるといいなと思っています。


そうすれば、昔の僕みたいに苦しんでいる人を
少しでも多く手助けできると考えていますし、
長い目で見れば世の中が少しだけでも良くなると
本気で考えています。


「世の中」を作っているのは「人」だからです。

そして「人」を少しでも良くしたいと思います。


「ペイ・フォワード 可能の王国」
という映画をご存知ですか?

その映画の中で

「世の中は思ったよりクソじゃないってことを伝えたい」

という話を主人公の少年が言っています。
まさにこの言葉を僕も広めたいです。


そういった考えも含めて
僕が学んだことを精一杯
お伝えするためにメルマガをはじめました。


ブログよりも遥かに濃い内容を
読みやすくお話していきますので
ご興味があれば登録してみてください!


→メールマガジン登録はこちら


それでは最後まで読んでくださりありがとうございました!