どうも、なめたけです。

「SEO対策って何のことだろう」


ブログを始めた頃、「SEO」という言葉を
よく見かけたので「SEO」と検索しました。


出てきた検索結果には


「検索アルゴリズムが…」
「ブラックハットSEOが…」
「レンダリング出来ず…」
「Webプロモーションでコンバーションに…」


など正直初心者の頃の僕には全く意味が
分からない言葉が並んでいました。

それでも10サイトほど四苦八苦しながら
読み進め「SEO対策」とはどうやらGoogleの
検索結果で目立つ位置に表示させること

と分かりました。

続いて


「サイトをどうやって目立つ
位置に表示させるのか」


を調べてみました。


すると


「読者のためになる内容を書きましょう」


という抽象的な内容か


「見出しタグにはh2から~」


という非常に技術的な内容ばかりが出てきました。



そこでもっと本質的に、Googleはどういった
方向性を持って検索結果を決めているのか
調べてみました。


今回の記事ではGoogleが何を目指して検索結果を
決めているのか
という本質について解説していきます。


SEO

「SEOって何のこと?」

 

まずはSEOの概要について説明します。


SEOとは「Search Engine Optimization」
の略称で和訳は「検索エンジン効率化」です。

もっと簡単に説明すれば


「Googleの検索結果で検索者の目を
引く位置にサイトを表示する方法」


のことです。

「Yahooとか他にも検索エンジンがあるんじゃないの?」


と思った方もいるかもしれませんが、Yahooも
Googleの検索技術を採用しているため、
Googleへの対策で問題ありません。

※Yahooで検索するとYahooのサービスが
検索結果に紛れ込むため若干Googleと
順位が変わってきます。



以下、サイトが検索結果の1ページ目や
1ページ付近に表示されることを
「上位表示」と表現します。


SEO 上位

なぜ上位表示が重要なのか

 

例えばあなたが


「梅田駅 美味しいラーメン屋」


と検索したとします。

検索結果がズラーッと出てきますが、
2,3ページ目まで見ますか?


恐らく見ないでしょう。



1ページ目の、しかもページ上部に
表示されている2,3サイトを
見るくらいではないでしょうか。

あなた以外の検索者も同じことをします。



結局上位表示されていなければ
サイトを開くことさえしないでしょう。



サイトは開かれなければ読まれません。


そして読まれなければあなたが一生懸命
書いた記事は「存在しないこと」と同じです。



Google 目的

Googleの目的

 

ではGoogleで上位表示させるためには
どうすれば良いのでしょうか。

検索してみると


「読者のためになる記事を書け」


「タグを使え」


など抽象的、もしくは技術的な話ばかりが
出てきたのであまりピンときませんでした。

そこで


「そもそもGoogleが何を目的にしているのか」


のところまでさかのぼって探りました。


論文 解釈

創設者の論文より

 

Googleの創設者であるラリー・ペイジと
セルゲイ・ブリンが書いた論文から
Googleの目的を以下にまとめます。


なめたけの解釈も含まれますのでご注意ください。


創設者の学術論文はこちら(リンク)

もともとGoogleは
「学術論文を検索する為のシステム」
でした。


そして目的は「より良い検索結果を生み出すこと」です。


初期の検索エンジンにはいくつか問題があり、
それを改善するのがGoogleの目的でした。

1994年に最初の検索エンジン
「World Wide Web ワーム」
が誕生しました。


近年、web上の情報量は急速に増加し、
ネットを使う経験の浅いユーザーも
急増しています。


そんななか人気のトピックの検索順位は、
人の意図で操作されやすくなっています。

例えば一部の広告主は自作自演など、
不正な手段で自分の広告を上位表示
させたりしています。


※自分でサイトを大量に作り、目立たせたい
サイトURLを自分の他のサイトに引用して、
「信頼されているから引用されてます」
とアピールをすることです。


GoogleのAIがこの手法を見抜けるように
なったので、今ではかなり減ったようです。

また、初期は検索する人が少なかったり、
難しかったりするトピックを検索しても、
的はずれな検索結果しか出ませんでした。


この状況を改善しようと作られたのがGoogleです。


研究室

サイトを「研究室」として見ている

 

Googleはサイトそれぞれを
「検索者の疑問に答える研究室」
として見ています。


もともとが学術論文を検索する
システムだったからです。

ですから「あれもこれも」と情報を
盛り込みすぎて、検索者の疑問に
答えていないサイトはあまり評価されません。


テーマを絞り、きちんと検索者の疑問に
応えているサイトのほうが評価は高いのです。



※後述しますが検索者の疑問に答えた上で
情報量(文字数)が多いサイトは評価が高いです。


このことに気付いてからは僕は記事を書く際に
テーマを絞るようにしました。


毎回構成を立てる段階で伝えたいテーマが2,3個
出てきてしまうのですが、話題がブレそうな
エピソードや情報は切り落とすように
なりました。


そうやって書いた記事は読み返すと、
シンプルで分かりやすい文章が出来ます。


 

発信が上手い研究室を求める

 

Googleはサイトの最終的な目的を
「検索者の疑問に答えること」
としています。


ですので「検索者に伝わりやすい内容か」
という考え方が非常に重要です。

例えば


「文章で強調したいところが太字になっているか」


「検索したキーワードが自然に文章内に入っているか」


「図や画像があるか」


「情報量(文字数)は多いか」


といった内容です。


SEO

サイトの信頼度の明確な指標

 

サイトの評価を一番上げるのは
検索者に「信頼されているかどうか」です。


そして信頼度を測る明確な指標が
「被リンクの多さ」です。

被リンクとは自分のサイトURLが
他のサイトで引用されることです。


つまりたくさん引用されるということは


「このサイトの情報はわかりやすくて
正確だと多くの人に思われている」


という証明になります。


多くの人に信頼されている証拠が被リンクなのです。

例えばあなたがラーメン屋を検索するときに、
口コミやレビューを確認するのではないでしょうか?


「多くの人から高く評価されているお店なら
きっと美味しいラーメン屋だろう」


と考えるでしょう。


Googleもサイトを同じように見ています。


無限 PC

まとめ:対策方法はいくらでもある

 

Googleの目的からSEOについて解説してきました。


まとめると


「検索者の疑問に答えるサイト作りを目指すこと」


がSEO対策の最善策です。

コンテンツの中身としては


「サイトや記事内容が検索者の疑問に答えているのか」


を常に考え、技術面では


「フォント(文字様式)は強調など使って見やすいか」


「画像を入れて伝わりやすい工夫がされているか」


「情報量(文字数)は少なすぎないか」


「タグを使って分かりやすい発信になっているのか」


などを考えてみてください。

そうしていくことであなたのサイトは
より良いものになっていくでしょう。




ご意見やご感想、ご相談など
お気軽にお問い合わせください。


48時間以内にご返信いたします。


なめたけへのお問い合わせはこちら



それでは!


なめたけ

メールマガジンはじめました

僕はネットビジネスをはじめて
人生が大きく変わりました。


なんとなく生きて、
会社に依存して、
ぼんやりとした不安が
ふとした瞬間に訪れる。


そんな生活を送っていました。


ですがネットビジネスに出会い、
真剣に学んで行動する中で


給料をもらう以外の生き方や、
人生を豊かにする考え方、
人を動かす方法など、
学校では教えてくれない知識を手に入れました。


そして何より、
「知らない」ということは
非常に恐ろしいことだと学びました。


ビジネス以外についても言えますね。


例えば


お金についての知識がないだけで、
社会保険料を多めに支払っていたり。


睡眠についての知識が無いために
1日を台無しにしてしまっていたり。



逆に考えると、
知識を蓄え、思考を鍛えることで
人は誰でも、いつでも変われるし成長できます。


これは僕の経験から断言します。


ですので僕は学び続けたいし、
成長し続けたいと考えています。


僕はもともと仕事も出来ない、
私生活もダメダメのクズ野郎でした。


ですがビジネスに取り組みはじめて
知人友人から「変わったね」と言われる程度には
成長出来ていると感じています。


そして同じように考え、行動してくれる人が
増えるといいなと思っています。


そうすれば、昔の僕みたいに苦しんでいる人を
少しでも多く手助けできると考えていますし、
長い目で見れば世の中が少しだけでも良くなると
本気で考えています。


「世の中」を作っているのは「人」だからです。

そして「人」を少しでも良くしたいと思います。


「ペイ・フォワード 可能の王国」
という映画をご存知ですか?

その映画の中で

「世の中は思ったよりクソじゃないってことを伝えたい」

という話を主人公の少年が言っています。
まさにこの言葉を僕も広めたいです。


そういった考えも含めて
僕が学んだことを精一杯
お伝えするためにメルマガをはじめました。


ブログよりも遥かに濃い内容を
読みやすくお話していきますので
ご興味があれば登録してみてください!


→メールマガジン登録はこちら


それでは最後まで読んでくださりありがとうございました!