どうも、なめたけです。

「考えがまとまらない…」


「記事の構成がゴチャゴチャしてしまう…」


「作業の優先順位が分からない…」


あなたはこのような悩みがありませんか?


「あれもこれもやらなくちゃいけない」と
考えるけれど、結局堂々巡りをしてしまう。


そして結論は出ないまま時間だけが過ぎていき、
今日やったことを思い出せないまま一日が過ぎていく。



あなたはこのようなことで
困ったことはありませんか?

今回の記事では

    • やるべきことを明確にしたい
    • 優先順位を付けて作業を行いたい



というあなたの手助けツールを紹介しています。


記事を読んで、ぜひ普段の
仕事や作業、考え事の整理に
役立てくださいね。

ボツ案

メモ魔が抱える悩み

僕は忘れっぽいので小さい頃から
どこでもよくメモを取っていました。


学校の机に直接書き込んだり、
自分の部屋の壁は常にメモだらけでした。
(学校の先生によく怒られていました)


メモの内容は当時流行っていた
ゲームの進め方とか、
クラスの恋愛関係図とか
くだらないものばかりです。

今でもそのメモ癖は残っています。


仕事中でも思いついたことを
忘れないように付箋を大量に使います。


おかげで僕のデスクには常に
正方形の付箋が2,3枚は貼られています。


これでもかなり減らしたほうです。


メモを大量に取るということは
良いことに見えますが、僕は
上手く使いこなせていません。

というのも、


「メモが多い = 情報がありすぎる」


からです。


その結果、作業の優先順位が
付けられなかったり、重要なメモを
見落としてしまったりするのです。

仕事では時間が限られているので、
優先順位をつけて作業をすることは
非常に大切です。



ましてや業務の見落としは
あってはならないことです。

ですがメモが増えると情報が
埋もれてしまい、締切が迫っていることに
気付かなかったり、退勤間際になって
気付いて残業するハメになったりします。

ブログで記事を書くときも、
あれもこれもと情報を詰め込んで
「結局何を伝えたいのか分からない記事」
になってしまいます。


1度8000字を越える記事を書いて
コンサルの師匠を困らせました。

情報量が多いということは悪いことでは
無いですが情報をきちんと選ぶ必要があります。


情報を整理せずに大量に盛り込むと
テーマがブレやすくなったり、関連性が
低い情報が混ざってしまったりします。



このような事が起きるのは、
「全部頭の中で整理しようとしていた」
ことが原因でした。

頭に入り切らないから
メモを残していたのに、
入り切らない頭で整理しようと
する方が無謀だったのです。


机の上に乗り切らないから、
一旦床においた荷物を
整理するときにまた全部
机の上に乗せるようなものです。


上手くいくはずがありません。

雑多 本

マインドマップのメリット

結局、上手くいかないのは頭の中で
情報の関連性が整理できていなかったり、
記憶しきれていなかったりすることが
原因でした。

そこで頭の整理をするために使い始めたツールが
マインドマップです。(Xmind)


こちらのページから無料でダウンロードできます
ホーム:無料で使えるマインドマップソフト


これはとあるYoutubeである人が
マインドマップを使って話しているのを
きっかけに興味を持ちました。


マインドマップを使い始めて
記事を書くスピードが格段に
上がり、仕事もやるべきことを
明確にできるようになりました。


マインドマップの書き方は
細かく決まっていません。


出来るだけ深く考え込まずに、
関連した単語を書き出していくだけです。


そうして書き出した情報を
客観的に見ることができるので、
順序や関連性を整理することが出来ます。


なので記事を書くときには構成を考えたり、
テーマに沿った内容かを何度も見直せます。


記事を書くときのマインドマップ※今回の記事構想をまとめたものです


仕事でもやるべきことを書き出してみれば


「これを進めるためにはこの準備がいるな」


と関連した業務を書き出せて、
優先順位もつけやすくなります。


僕が使っているツールはこちらから無料で
ダウンロードできます。


ホーム:無料で使えるマインドマップソフト

困った

マインドマップのデメリット

特にデメリットは思い当たりませんが、
強いて言うなら使いやすいツールが
どれかを悩むことくらいでしょうか。


僕はこだわりがないので無料の
Xmindを使っています。



機能として不自由はありません。

など


有名なものもありますが、無料のものから
1万円を越えるものまで色々あります。


無料のツールを使い、不自由があれば
それを補うものがないか、探してみると
良いかもしれません。


ノート ハート

おわりに

マインドマップの書き方を調べると
書き方を細かく解説している方が
多数いらっしゃいます。


そういった方はマインドマップの使い方を、
何かしらの目的に合わせて紹介しています。


なのでまずは細かいことを気にせずに、
あなたの目的に合うものだけを真似して
自由に書いてみることをオススメします。


頭の中にある情報を目に
見える形にするだけでも
十分に頭の整理になります。


「何から手を付ければいいかわからない」
「何をやるべきなのかが分からない」


そんな悩みをお持ちであれば、
一度試してみてくださいね。


手書きの方法ですが、
こちらのページが分かりやすかったです。


マインドマップの書き方・描き方「6つの法則」-マインドマップの学校


今回の記事はいかがでしたか?


ご意見やご感想、


「どんな風にマインドマップを使っていますか」


などご質問がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。


48時間以内にお返事いたします。


なめたけへのお問い合わせはこちら


それでは!


なめたけ

メールマガジンはじめました

僕はネットビジネスをはじめて
人生が大きく変わりました。


なんとなく生きて、
会社に依存して、
ぼんやりとした不安が
ふとした瞬間に訪れる。


そんな生活を送っていました。


ですがネットビジネスに出会い、
真剣に学んで行動する中で


給料をもらう以外の生き方や、
人生を豊かにする考え方、
人を動かす方法など、
学校では教えてくれない知識を手に入れました。


そして何より、
「知らない」ということは
非常に恐ろしいことだと学びました。


ビジネス以外についても言えますね。


例えば


お金についての知識がないだけで、
社会保険料を多めに支払っていたり。


睡眠についての知識が無いために
1日を台無しにしてしまっていたり。



逆に考えると、
知識を蓄え、思考を鍛えることで
人は誰でも、いつでも変われるし成長できます。


これは僕の経験から断言します。


ですので僕は学び続けたいし、
成長し続けたいと考えています。


僕はもともと仕事も出来ない、
私生活もダメダメのクズ野郎でした。


ですがビジネスに取り組みはじめて
知人友人から「変わったね」と言われる程度には
成長出来ていると感じています。


そして同じように考え、行動してくれる人が
増えるといいなと思っています。


そうすれば、昔の僕みたいに苦しんでいる人を
少しでも多く手助けできると考えていますし、
長い目で見れば世の中が少しだけでも良くなると
本気で考えています。


「世の中」を作っているのは「人」だからです。

そして「人」を少しでも良くしたいと思います。


「ペイ・フォワード 可能の王国」
という映画をご存知ですか?

その映画の中で

「世の中は思ったよりクソじゃないってことを伝えたい」

という話を主人公の少年が言っています。
まさにこの言葉を僕も広めたいです。


そういった考えも含めて
僕が学んだことを精一杯
お伝えするためにメルマガをはじめました。


ブログよりも遥かに濃い内容を
読みやすくお話していきますので
ご興味があれば登録してみてください!


→メールマガジン登録はこちら


それでは最後まで読んでくださりありがとうございました!