どうも、なめたけです。

 

つい最近、会社でお世話になった先輩から
企業についてドン引きする話を聞いたので
筆をとりました。

就職しようとしている方や、
転職しようとしている方に
覚えておいてほしいことを書きます。

超優秀な会社の先輩

 

先日、会社の元・同僚である先輩と
お話する機会がありました。

その先輩は3ヶ月前くらいに会社を辞め、
現在転職活動中です。

 

この先輩、ものすごく優秀なんです。

 

会社にいた頃は先輩の代では
並ぶ人がいないくらいに優秀で、
誰よりも早く昇格するだろうと社長からも
名前が上がっていました。

 

実績上げすぎて、冬のボーナスが
約4ヶ月分の給料になっていたそうです笑

 

社員総会では全社員の前で登壇し、
そこでセールストークの実演をしたり、
社内でも目指すべき目標とされる人でした。

 

そしてトークだけでなく、
事務作業も優秀でした。

 

塾業界は現場に任せる仕事が非常に多いんです。

 

ホームページの更新
チラシの作成
予算作成・管理
広告企画
生徒の授業の管理
入塾させる面談
日頃学習状況の面談
提出物の管理
アルバイトのシフト作成・管理

などなど…
(日頃の管理や調査系を挙げると
 キリがありません)

 

改めて書き上げると、
にじみ出る人材不足感に
苦笑いしかないのですが…

 

そんな業務も
「え?いつ終わらせたんですか?」
くらいの処理速度で終わらせて
定時退社する非常に優秀な先輩でした。

 

最近では全社をあげて

「36協定を破るな!」
※(残業し過ぎちゃダメという国の決まり)

と厳しくされているのにも関わらず
最低でも20人(サ-ビスでやっている人を除き)
破る人がいるこの会社で、です笑

 

それだけでなく、
非常に人間的な魅力もある方でした。

 

学習塾なので担当の生徒がいるのですが、
先輩が退職について告げると、保護者の方からも

「あなたがいたから息子をこの塾に入れたのに!」

と嘆かれたり、

生徒からも最終出勤日に
プレゼントをたくさんもらうなど、
本当に人間的な魅力も溢れる人でした。

 

退職された今でも、僕と連絡を取り合って、
ご飯を食べにいったりするのも、
僕がその先輩のことを尊敬しているからですね。

 

ですが、そんな優秀な先輩ですが、
転職活動にものすごく苦戦しています。

企業は「あなた」を見ない

 

そんなに優秀な先輩が
なぜ転職活動で苦戦するのか。

 

営業も余裕です。

事務作業も迅速にこなせます。

人間的魅力もあふれる方です。

 

 

転職活動の求人に応募して断られる理由は、

「実務経験が乏しいから」

だそうです。

 

確かに中途入社は即戦力を求められるので、
同じ業界で働いている人を採りたがります。

 

先輩(以降Yさんとします)は
確かにIT業界や、会計事務など、
教育業から離れた転職先を見ていました。

 

これには先輩が3.11を経験されたという
理由があるのですが、それは動画で
触れているので気になる方はどうぞ。

 

今の大企業は「あなた」を見ない 超優秀な先輩の実例

 

ですが、書類選考さえ通らないのです。

 

書類が通らなければ
当然面接にはこぎつけられません。

 

せっかく先輩の魅力をアピールする機会さえ無いのです。

会社にとっても、かなりもったいないと思うんですけどね…

就活はよく恋愛に例えられますよね。

一度でも話せば、趣味もあって、感性もあう、
一緒にいて常に笑顔でいられるような
そんな恋人になれそうなのに、
そもそも会って話さえできない。

そんな悲しい結末を迎えてしまいます。

 

 

そしてやっと面接にこぎつけたとしても、
また、悲劇が待っていました。

 

ある面接でのことです。

 

人事「将来の目標などありますか?」

とYさんは人事の方に質問されました。

 

Yさんはそれまでの会話で
相当量の仕事内容の話はしていたので
人生キャリアの話だと考えました。

Y「幸せな家庭を築くことです」

 

長い目線、個人的な目線での話だと思ったそうです。

 

ですがこの人事は、
その回答に不満を持って批判してきました。

 

人事
そういうワーク・ライフ・バランスのような
 発想はうちとは合わないんだよね

 

と言われたそうです。

声にして、言われたそうです。

 

Yさんいわく、転職アドバイザーの方からも

「ワーク・ライフ・バランスのような発想は
持っていても面接では見せないように」

と釘を刺されていたそうです。

 

確かに会社の気持ちもわかります。

会社にとって一番都合がいいのは
会社の利益を最優先で考えて行動できる人材です。

 

想像してみてください。

 

誰よりもあなたのために、
それこそ自己犠牲もなんとも思わず
食事も家事も財布事情までこなしてくれる

そんな人が近くにいたら魅力的ですよね?

「あなたは好きなときに
 好きなことだけをやっていていいんですよ」

とか言われちゃうわけです。

まぁ最終的には自立できなくなって
ダメ人間になって終わる未来が見えますが・・・

 

要するに会社は良質な歯車が欲しいわけです。

 

先程のダメ人間の例でも話しましたが、長い目で見れば
会社を形作る、非常に尊い資源である
「社員」を大切にできないと会社は
衰退の未来しかありません。

 

 

話を戻しますが、
この経験からYさんは言ってました。

「企業は優秀な人材が欲しいのではなく、
上からの指示に疑問を持たず、
 耐えられる人材』が欲しいんだよ」

 
と。ゾッとしましたね。

 

つまり、人事が採用したいのは

「あなた」ではなく、
「会社にとって都合がいい人材」

なのです。

 

 

企業にぶら下がろうとすると人生が終わる

 

企業が求めるのは

「都合のいい人材」

なので、いざ入社してからも、
その会社に依存し続けようとすると
永遠に会社の無理難題に
応え続けなくてはなりません。

 

そのうち、会社からの無理難題に耐えられず、
いざ転職しなくてはならない状況になっても、

 

あなたに目に見えるステータスがなかったり、
その会社でしか役に立たない技能しかなければ、
転職は苦戦するでしょう。

 

もしくはまた「都合のいい人材」を
演じるしかありません。

 

実際Yさんは退職してから勉強して、
簿記など会計系の資格を取ったり、
TOEICで900点以上をとったり、
目に見える資格を集めました。

 

書類選考で落とした会社は、
Yさんと面接さえすれば有能な人だって
分かったはずなのに・・・


個人として成長したり、技能を身に着けないと

地獄の苦しみを味わうことになります。

 

もう、今の時代はそうなっています。

 

やりたいことをやるなら起業するしかない

 

また、もう一つYさんと話して
気付いたことがあります。

 

それは
「企業に自分の望みを全て求めるのは不可能」
ということです。

 

自己成長の機会

福利厚生

時間的な余裕

などなど、あなたにも色々な希望や
将来の目標があると思います。

 

ただ、先程もお伝えしたように、
企業は「都合のいい人材」を求めているので、
社員がやりたいことだけをやるのはほぼ不可能です。

 

会社が「使う側」だからですね。

 

そうYさんと僕は結論づけました。

 

Yさんは地元、福島に戻って
再興に関わりたいと考えているので
コンサルティングや、会計の知識を
身に着けたいと考えていました。

 

ですが異業種から来た人材で
それらをさせてくれる企業はほぼありません。

専門的で高度な仕事なので
仕方ありませんが…

 

ですからYさんは時間が確保できる環境に
身を置くことを決め、週末起業をし、
自分の力で勉強して夢を叶えることにしました

 

やりたいことをやるなら会社に依存するのではなく
自分で事業を立ち上げちゃったほうが早いんですね。

すべて自由に決められますし、
無駄なストレスも抱えません。

 

完全に個人でやっている起業家の友人がいますが、
驚くほど自由です笑

曜日感覚がなくなっていました笑

 

気がついたらフィリピンにいるし、
と思えばオーストラリアにいるし、
ふと地元に帰ってるし・・・

値段を見ないで買い物してるって言ってました。

ストレスの「ス」の字もなさそうな
つるっつるの肌してましたからね。

 

まとめ

 

今回の記事では

企業は「都合のいい人材」が欲しい

企業にぶら下がろうとすると人生が終わる

やりたいことがあるなら起業するしかない

ということをお伝えしました。

今の時代では起業も簡単にできますもんね。
本当にいい時代に生まれたもんです。

 

追伸

2020年1月
Yさんは無事会計事務所に就職が決まりました!
おめでたいです。

メールマガジンはじめました

僕はビジネスをはじめて
人生が大きく変わりました。


お金がないことに苦しみ、
やりたいことが何もできず
食べたいものも食べられず
親の顔を見ることさえ叶わない


そんな生活を送っていました。


ですがビジネスに出会い、
90万円ほど自己投資し、 真剣に学んで行動する中で


給料をもらう以外の方法や、
人生を豊かにする考え方、
本当の自由な生き方など、
学校では教えてくれない知識を手に入れました。


知識を蓄え、思考を鍛えることで
人は誰でも、いつでも変われるし成長できます。



人生は変えられるんです。



これは僕の経験から断言します。


ですので僕は学び続けたいし、
成長し続けたいと考えています。


僕はもともと仕事も出来ない、
頭も悪いただの貧乏社畜でした。


ですがビジネスに取り組みはじめて
20歳年上の人から
「ビジネスを教えて下さい!」と言われたり
コンサルできるくらい成長できています。


そして今では、昔の僕のようにお金に苦しむ人を
すこしでも救えたらいいなと思っています。


「ペイ・フォワード 可能の王国」
という映画をご存知ですか?

その映画の中で

「世の中は思ったよりクソじゃないってことを伝えたい」

という話を主人公の少年が言っています。
まさにこの言葉を僕も広めたいです。


そういった考えも含めて
僕が学んだことを精一杯
お伝えするためにメルマガをはじめました。


ブログよりも遥かに濃い内容を
読みやすくお話していきますので
ご興味があれば登録してみてください!


→メールマガジン登録はこちら


それでは最後まで読んでくださりありがとうございました!