大学在学中に簿記1級に合格し、
公認会計士になった先輩がいます。
(以下Fさんと呼びます)

 

Fさんがこんなツイートをしていました。

※読みやすいように改行していますが原文です。

↓↓↓

監査をいくら頑張っても、
監査という職業でしか役に立たないと感じるこの頃。

例えば監査でやってる経営分析なんて
ファイナンスガチ勢から見たら
お遊戯みたいなもんやろ。

監査でそこまで求められてないし、
そこだけに時間も割けないし。

いろいろ中途半端なんだよなぁ。

※続き

今持ってる転職しても使えるスキルなんて
Excel,Word,PowerPointくらいやわ

↑↑↑
引用はここまでです。

 

公認会計士というと、
トップの会計職で

平均年収1018万円

と言われている職業です。

 

初任給でも30~35万円もらえるんだとか。

 

そんなFさんが
上記のようなグチをツイートしていました。

 

つまり

「この業界でしか生きられないことが不安」

ということです。

この悩みを持つ人って少なくないんですよ。

 

僕も教育業界に身をおいていますが、
同僚の優秀な先輩が転職で業界を変えるのは
なかなか難しいんだと言っていました。

毎日毎日朝から晩まで働いて、
2年3年働いても、身につくスキルは
その会社でしか使えないスキルだったりするんです。

 

ですがあなたはFさんに

「じゃあ給料高いんだし、
 ずっと公認会計士でいればいいじゃん!」

と思うかもしれませんが、ぼくはFさんから
公認会計士の激務について聞いていました。

 

人生の夏休みと言われる大学生活4年間を
すべて勉強に捧げて手に入れた公認会計士という職。

そんな覚悟を持って働き始めたFさんでも
仕事量とパワハラがえげつなく、
人間関係もかなり面倒だとか…

勤め始めて2ヶ月で「辞めたい」
って言ってましたからね。

 

4年間の勉強一筋で、遊びもバイトも
我慢して勉強していた姿を見ていただけに、
どれだけ辛い職場なのか想像もできません。

 

そして転職しようにも業界を変えるスキルが
身についておらず、その業界に囚われたまま
年齢が30近くなることに強い不安を感じていました。

 

これからの時代、専門技能は
コンテンツとして拡散されていきますし、
会計職などはわかりやすくITに取って代わります。

しかもそこから抜け出せない恐怖は
僕も感じたことがあります。

塾業界でも僕がやっている仕事って
指導や管理、運営はもちろんですが、
営業色がものすごく強いんですよ。

 

セールストークや提案力は身につくでしょうが、
他の管理運営スキルなんてExcelを勉強すれば
どうとでもなるレベルですし、
目に見える専門技能って身につかないんですよね。

 

ではずっとその業界で
骨を埋めるしかないのか・・・

転職するスキルも身につかないまま
いつ仕事がなくなるのか不安に
苦しみ続けなくてはならないのか・・・

と落ち込むにはまだ早いです。そんな事はありません。

どうすればいいかって言うと、
ズバリ好きなことをやればいいです。

 

「こいつ何いってんの?」
と思われるかもしれないですが、大マジです。

 

今の時代は

「好きなこと × ビジネスの力」

が価値を生み出す時代だからです。

 

塾の教え子にイラストを描くのが
好きな高校2年生がいます。

 

その子はTwitterで人を集め、
お金をもらってアイコンを描いたり、
イラストを描いたりしています。

 

バイトは禁止らしいので、
匿名でやっているそうですが笑

 

彼女からすれば

「好きなことをやっているだけで
 お金がもらえる状態」

なんですね。

 

プロ並みに絵が上手いかって言われれば
そんなことはありません。

※ぼくは足元にも及びませんが上には上がいます…

 

ただし彼女はちゃんとブランディングや
マーケティング、お客さんのニーズを考えて
大好きな趣味をビジネスにしているんですね。

 

ブランディングやマーケティングと言っても
彼女は専門的なことをやっているわけではなくて、
やっていくうちに掴んだみたいです。

 

「こういう実績を載せたほうが反応がいいかも」

「無料で何人か描いて実績を作ってみよう」

「感想を載せてみよう」

「どんな作風が好まれるのかな?」

「値段設定はどうしよう?」

・・・

こういったことを経験しながら
考えていったんですね。

 

別にMBAの資格を取ったり、
大学で学ぶ必要なんてないんです。

 

ビジネスの知識やスキルは
やろうと思えば体系的に学べるからです。

 

ビジネスは価値提供が原則なので、
「好きなこと」を「ビジネスのスキル」で
価値に変えれば、それにお金を払う人は大勢います。

 

「パンの作り方」を情報商材にしている人や、

「ダンゴムシ」の魅力を伝えて
ビジネスを展開している人も知っています笑
(ダンゴムシをペットとして飼うみたいです)

 

それぞれが本当に好きなことを
ビジネススキルでマネタイズしているんですよね。

 

本当かなぁと思われるかもしれませんが、本当です。

サウナとか、カフェとか、ヘッドスパとか、
無くたって余裕で生きていられますよね?

それでも立派なビジネスとして
世の中にあるじゃないですか。

 

今の時代はもう「ニーズ」は存在しないんですよ。

「身体に着るものがなくて困っている」
「住むところがなくて困っている」
「食べ物がなくて困っている」

という人は本当にごくわずかだと思います。
(ぼくは昔食べ物に困り実家がなくなりましたが)

 

少なくともそういう方はこの記事を
読める環境ではないのでしょうか。

 

ですが「ウォンツ」(理想の状態)と
現状が離れている人はたくさんいるんです。

「もっと素敵なSNSのアイコンが欲しい」
「暇な時間を熱中できる趣味が欲しい」
「なんとなく精神的に癒やされたい」

などなど・・・

 

そんなウォンツを叶えるために
好きなことを利用すれば、

「それいいね!」

と欲しがる人はたくさんいるんです。

 

だから僕の教え子はお金が稼げるし、
パンの作り方やダンゴムシの魅力でも
お金を払ってもらえるんです。

 

好きなことでどうやってお客さんの
ウォンツを叶えるかを
考えて、
それをビジネススキルで届ける。

インターネットの登場により、
これができる超カンタンにできる時代になりました。

だからこそ好きなことにまっすぐな
「オタク」がビジネスを学べば
成功するのはカンタンだなぁという話でした。

 

メールマガジンはじめました

僕はビジネスをはじめて
人生が大きく変わりました。


お金がないことに苦しみ、
やりたいことが何もできず
食べたいものも食べられず
親の顔を見ることさえ叶わない


そんな生活を送っていました。


ですがビジネスに出会い、
90万円ほど自己投資し、 真剣に学んで行動する中で


給料をもらう以外の方法や、
人生を豊かにする考え方、
本当の自由な生き方など、
学校では教えてくれない知識を手に入れました。


知識を蓄え、思考を鍛えることで
人は誰でも、いつでも変われるし成長できます。



人生は変えられるんです。



これは僕の経験から断言します。


ですので僕は学び続けたいし、
成長し続けたいと考えています。


僕はもともと仕事も出来ない、
頭も悪いただの貧乏社畜でした。


ですがビジネスに取り組みはじめて
20歳年上の人から
「ビジネスを教えて下さい!」と言われたり
コンサルできるくらい成長できています。


そして今では、昔の僕のようにお金に苦しむ人を
すこしでも救えたらいいなと思っています。


「ペイ・フォワード 可能の王国」
という映画をご存知ですか?

その映画の中で

「世の中は思ったよりクソじゃないってことを伝えたい」

という話を主人公の少年が言っています。
まさにこの言葉を僕も広めたいです。


そういった考えも含めて
僕が学んだことを精一杯
お伝えするためにメルマガをはじめました。


ブログよりも遥かに濃い内容を
読みやすくお話していきますので
ご興味があれば登録してみてください!


→メールマガジン登録はこちら


それでは最後まで読んでくださりありがとうございました!