僕の部屋にはゴミ箱がありません。

 

そしてこれからもゴミ箱を
用意(?)する予定はありません。

「いらないなー」
ってなったので捨てたのです。

 

どうしてそんな状況になったかというと
ミニマリストの友人に断捨離を
手伝ってもらったからですね。

 

そのときに友人の話を聞き
「確かに要らんわ」
となったのが始まりです。

ちなみにこの記事の友人です。
ミニマリストの友人が最近のミニマリズムに対してキレてた話

 

それまでは3つゴミ箱を置いていたのを
全部捨て去りました。

 

ゴミ箱もまさか自分が捨てられる日が来ようとは
思いもしなかったでしょうね。

 

 

と、友人の説法をお話する前に、
「ミニマリズム」という言葉を知っていますか?

モノを減らして生活することを
目指す思想のことです。

 

実は僕もミニマリストを目指しているんですが、
それまではまぁなんというか・・・

「汚部屋製造機」みたいな人間でした汗

 

文字通り「足の踏み場がない」くらいに
部屋にモノが散乱させるタイプです。

 

実際に学生時代の寮では、服が散乱していて
床のカーペットが見えなくなっていました。

 

そんな僕ですが、友人に

「ゴミ箱があるからゴミが生まれる理論」

を聞かされて、納得してしまったので、
ゴミ箱が我が家から消えたんです。

 

ちなみにその他の要らなさそうなものは
友人ジャッジでゴリゴリ捨てました。

 

おかげさまで私服のトップスは3着、
ボトムスは2着になりました笑

 

「ゴミ箱があるからゴミが生まれる理論」
というのは文字通りの意味です。

ゴミ箱がある状態というのは
ゴミ箱に甘えてしまうんですね。

 

ゴミ箱に捨てられるから、ゴミになるものを
生み出すハードルが極端に下がってしまう。

「どうせベッドの横にあるゴミ箱に捨てちゃえば
 いいから適当にモノを使いまくるかー」

って感じです。

 

これがゴミ箱自体を捨てるとどうなるか。

ゴミを生み出すことに
激しい抵抗感が生まれるんですよね。

 

結果として、むやみにモノを買わなくなりました。

 

ミニマリズムを志すのであれば
モノを捨てることも重要ですが、
モノを増やさないことも同じくらい重要です。

 

と、そもそもなんで僕が、
ゴミ箱を捨て去るほどミニマリズムを
目指しているのかと言えば起業を志したからですね。

 

ミニマリズムは「モノを減らす」
ということに目が向きがちですが、
本質は「集中する」ことにあります。

 

例えば3000円の服を10着買っていたとします。

ですがこれを2着に絞ると
1着に15000円掛けられるわけですよね?

つまりあなたが着る服の
「価値」を集中できるのです。

 

そして人は何かを選択する際に
エネルギーを消費します。

 

これをウィルパワー(意思決定力)といい、
エイルパワーは

「今日何着ようかな・・・」

と小さなことに迷うだけでも消費されます。

そして厄介なのが、このウィルパワーは
重要な選択でも、そうでない選択でも
消費されてしまいます。

ですから

「ランチは何食べようかな」

という迷いでも、

「今後の事業展開をどうしようかな」

という迷いでも消費されます。

 

ウィルパワーには上限があるので、
無駄なことで消費してしまっていると、
重要な決断をする際にめちゃくちゃな判断を
する可能性が出てくるのです。

 

スティーブ・ジョブズがいつも同じ服を
着ていたのはこのウィルパワーを
服の選び方で消費しないためらしいですね。

 

ですから僕も起業についての意思決定に
ウィルパワーを温存したくて
ミニマリズムを目指したのです。
(あと純粋にかっこいいなって思ったから。)

 

実際に仕事着のシャツは同じものを4着にし、
靴下は同じものを5足に絞っています。

適当に1着と1足をつかめばいい状態です。

 

朝食も同じものを決めており、
朝の時間は何も迷わずに事業について
考えることができています。

 

そうなるとやっぱり生産性が違いますね。

作業が進むこと進むこと。

ミニマリズムを体感していくと、
作業や仕事にも活きてきます。

やることを絞れるんですよね。

「何が一番重要かな。」

「いま優先順位が高いのはこれだから
 これに集中しよう。」

って感じです。

 

そして集中して無駄なく一気に
カタをつけてしまうので、結果として
作業や仕事がめちゃくちゃ早く進みます。

本当は要らない作業とか、
今やらなくていい仕事ってたくさんあるんですよね。

そういうことに時間を割いてしまうと
本当に重要なことに時間が割けなくなってしまう。

 

なにもゴミ箱を捨てるくらい
ミニマリズムを目指す必要はないですが、

「重要なことに『資源』を絞る」
※資源=時間、ウィルパワー、お金、etc…

という発想を持っているだけで、
起業も仕事も勉強も圧倒的に加速しますよ。

メールマガジンはじめました

僕はビジネスをはじめて
人生が大きく変わりました。


お金がないことに苦しみ、
やりたいことが何もできず
食べたいものも食べられず
親の顔を見ることさえ叶わない


そんな生活を送っていました。


ですがビジネスに出会い、
90万円ほど自己投資し、 真剣に学んで行動する中で


給料をもらう以外の方法や、
人生を豊かにする考え方、
本当の自由な生き方など、
学校では教えてくれない知識を手に入れました。


知識を蓄え、思考を鍛えることで
人は誰でも、いつでも変われるし成長できます。



人生は変えられるんです。



これは僕の経験から断言します。


ですので僕は学び続けたいし、
成長し続けたいと考えています。


僕はもともと仕事も出来ない、
頭も悪いただの貧乏社畜でした。


ですがビジネスに取り組みはじめて
20歳年上の人から
「ビジネスを教えて下さい!」と言われたり
コンサルできるくらい成長できています。


そして今では、昔の僕のようにお金に苦しむ人を
すこしでも救えたらいいなと思っています。


「ペイ・フォワード 可能の王国」
という映画をご存知ですか?

その映画の中で

「世の中は思ったよりクソじゃないってことを伝えたい」

という話を主人公の少年が言っています。
まさにこの言葉を僕も広めたいです。


そういった考えも含めて
僕が学んだことを精一杯
お伝えするためにメルマガをはじめました。


ブログよりも遥かに濃い内容を
読みやすくお話していきますので
ご興味があれば登録してみてください!


→メールマガジン登録はこちら


それでは最後まで読んでくださりありがとうございました!