僕は学生時代のバイトから数えると
約7年塾講師として数百人の生徒を
見守ってきました。

 

宿題を一切やってこない生徒。

恋愛相談までしてくる生徒。

部活動で悩んで泣きながら相談してくる生徒。

親といっつも喧嘩している生徒。

・・・

 

本当にたくさんの生徒を見守ってきました。

 

そんな僕が、今まさに受験真っ只中の
皆さんに贈りたい言葉があります。

受験に失敗しても大丈夫だよ。死なないから。

 

そりゃ受験って大きな挑戦だと思う。

今までに大きな壁が
いくつもいくつもあったでしょ。

 

部活動をやりながら、
苦手な早起きをしたり、

 

学校の宿題に追われながら
塾の課題もこなしたり、

 

親の期待に潰されそうになったり、

 

頑張っても頑張っても成績が伸びなかったり、

 

自分のほうが勉強してるのに
友人のほうが成績が良くて嫉妬したり、

 

苦しくてたまらないことだらけだったかもしれない。

 

志望校に不合格になるってことは、
そんな過去の努力が水の泡になるんじゃないか。

今まで頑張ってきたことが無駄になるんじゃないか。

 

そんなとてつもない不安に駆られるのも
すごく自然なことだと思う。

でもね。大丈夫。

大学に行かないと死ぬわけじゃないんだよ。

大学なんて「これからやること」の
選択肢の一つでしかないんだよ。

確かに「この大学のこの先生に学びたいんだ!」
という強い気持ちがあるなら執着心を持って
その大学を目指して努力し続けてほしい。

でもね。
やりたいことなら、これからいくらでもできるよ。

 

パソコンについて学びたいなら、
大学に行かなくってもスクールに通えばいい。

 

イラストを学びたいなら練習して、
オンラインでもいくらでも学べるし、
役立つ本だって5万とある。

 

会計の資格だって社会人になってから取る人もいる。

 

学校の先生になりたいなら、
その大学じゃなくても資格を取れるんじゃない?

 

君の夢を叶える方法はいくらでもあるんだよ。

だから安心して欲しい。

たとえ上手くいかなくっても、
そこで人生の道が閉ざされるなんてことはないから。

だって君たちにはこの世で最も貴重な資源の
「時間」があるんだからね。

だからリラックスして、
「まぁミスってもなんとかなるっしょ」
くらいの気持ちで試験会場に向かってほしい。

それで合格したら
「この選択肢は夢に役立つかな?」
くらいの気持ちで進学を考えるといいよ。

 

そこで得られるものは多そう?

やりたいことができそう?

僕の知り合ったおじさんで
元JTB(大手旅行会社)の人がいるんだけど、
もう50歳になるのに

「教育について学びたいんだ」

って働きながら大学院に通ってたよ笑

 

やりたいことができたときに、
遅すぎるってことはめったに無いから。

だからもう一度言うね。

大丈夫。ミスっても死なないから。
リラックスしていこう。

選択肢の「一つ」を増やすために。

 

塾講師をやりながら、
起業の世界も覗いている僕からの言葉です。

メールマガジンはじめました

僕はビジネスをはじめて
人生が大きく変わりました。


お金がないことに苦しみ、
やりたいことが何もできず
食べたいものも食べられず
親の顔を見ることさえ叶わない


そんな生活を送っていました。


ですがビジネスに出会い、
90万円ほど自己投資し、 真剣に学んで行動する中で


給料をもらう以外の方法や、
人生を豊かにする考え方、
本当の自由な生き方など、
学校では教えてくれない知識を手に入れました。


知識を蓄え、思考を鍛えることで
人は誰でも、いつでも変われるし成長できます。



人生は変えられるんです。



これは僕の経験から断言します。


ですので僕は学び続けたいし、
成長し続けたいと考えています。


僕はもともと仕事も出来ない、
頭も悪いただの貧乏社畜でした。


ですがビジネスに取り組みはじめて
20歳年上の人から
「ビジネスを教えて下さい!」と言われたり
コンサルできるくらい成長できています。


そして今では、昔の僕のようにお金に苦しむ人を
すこしでも救えたらいいなと思っています。


「ペイ・フォワード 可能の王国」
という映画をご存知ですか?

その映画の中で

「世の中は思ったよりクソじゃないってことを伝えたい」

という話を主人公の少年が言っています。
まさにこの言葉を僕も広めたいです。


そういった考えも含めて
僕が学んだことを精一杯
お伝えするためにメルマガをはじめました。


ブログよりも遥かに濃い内容を
読みやすくお話していきますので
ご興味があれば登録してみてください!


→メールマガジン登録はこちら


それでは最後まで読んでくださりありがとうございました!