どうも、なめたけです。

 

今回は
「最近のミニマリズムが勘違いもはなはだしい!」
とミニマリストの友人がキレていたので、
その友人から聞いた、

 

 

本当のミニマリズムとは何か

ミニマリズムのメリットはなにか

 どんな思考で行動すればいいのか

 

をお話します。

友人

ミニマリスト「N」

僕は現在兵庫県で暮らしているのですが、
ある日仕事の出張で東京へ行くことになりました。

 

せっかくだったので学生時代の友人である
「N」と久しぶりに会おうという話になり、
そのまま家に泊めてもらうことになりました。

 

Nはミニマリストです。

「ミニマリスト」の定義は

 

持ち物をできるだけ減らし、
必要最小限の物だけで暮らす人。

 

自分にとって本当に必要なものだけを持つことで
かえって豊かに生きられるという考え方で、
大量生産・大量消費の現代社会において、
新しく生まれたライフスタイルである。

 

とされています。

 

引用:コトバンク:ミニマリスト

 

このNは学生時代からの付き合いが長い友人で、
学生の頃から財布はマネークリップだったり、
趣味が断捨離(物を捨てて必要なものを
見つめ直す行動)という一風変わった奴でした。

 

そんなNの家に泊まりに行くとなったので、
僕は「どんな家に住んでいるのだろうか」
と楽しみにしていたのです。

 

Nは引っ越しを何回かしていたので、
その時彼が住んでいた家には
入ったことはありませんでした。

 

そしていざ家に入ってみると、さすがというか、
当然というか、モノが本当に少ないんですよ。

 

ベッド
机とイス
PC
小さくて細長い本棚
アコースティックギター
冷蔵庫

 

それ以外には押入れに服が4,5枚掛けてある以外、
モノは一切ありませんでした。
(来客用の布団も用意してあったのではなく
 季節違いの冬物でした)

 

いやもう、本当にモノがない。

独房かな?って感じです。

 

あらためてモノの少なさに驚いたので、
何を目指してミニマムな生活をしているのか
聞いてみました。

 

すると彼は自己啓発や修行など崇高な目標を
持ってミニマリストになったのではなく
「身軽に生きるため」
だと言ったのです。

 

N
モノが多いことでやることが増えたり、
 選択肢が増える。つまり意思決定の機会が
 増えるってことなんだよね。
 
 それらを少なくしたほうがストレスが
 少ないし、モノを減らすことで
 『自分に本当に必要なモノは何か』
 ハッキリさせて生活ができるから」

 

と言うのが彼の主張です。

これを聞いて僕は
「ほう、こいつはタダモノじゃねぇ…」
と感じました。

 

 

自己啓発の意図でスタートしたのではなく、
結果として「集中する・意思決定機会を減らす」
というところに落ち着いたらしいです。

 

それが僕には職人というか、仙人や達人に
近い雰囲気を感じて興味が湧いてきました。

 

掃除するのが面倒だからモノを減らす…

服選びに時間が掛かるから服を減らす…

掃除用品で他にも使えるものがあるから
一つに絞って他のものは捨てる…
(彼いわく雑巾1枚でどこでも
 なんでも掃除はできるとのことでした)

 

 

感心して詳しくミニマリズムについて
話を聞いていると最近のミニマリストに
ついて友人がキレ始めました…

 

勘違い

勘違いミニマリズム

最近よく耳にする「ミニマリズム」が
「完全に勘違いだ!」という話になったのです。

 

どう勘違いしているのかと言うと

 

「とりあえずモノが少ない=ミニマリズム」
(そして物が少ないほうが人間的に
 レベルが高いという謎理論)

 

という勘違いの風潮ですね。

 

N
「いやもうYoutubeでいろんな
 ミニマリストの動画をみるんだけどさ。
 『モノが少ない自分すごいっしょ感』
 出まくりでさぁ」

 

僕「ほうほう(でもYoutubeで追ってるんだ…)」

 

N
モノを減らすことは『目的』
 ではなく『手段』なんだよね」

モノを減らして得られる環境や決断力で
 何をするかが一番重要なんだよ」

「それが目的と手段が逆転しちゃってる人が
 多すぎて、そうじゃないんだよ!ってなる」

 

僕「へぇ…ミニマリズムはあくまでも手段か…」

 

N
「そもそも人と比べたり競うものでもないし、
 その時によって自分の大事なものって
 変わるわけじゃん?」

 


「まあそうだね。今は仕事が大事とか
 プライベートや家族が大事とか」

 

N
「そうそう。だから時期によっては
 モノが増えることもあるし、その時々で
 
 『今、当たり前に使っているモノは
 本当に大切なものか?』
 
 を考えてさえいれば誰でも
 ミニマリストになれるんだよ」

 


「なるほど。深い。
 エッセンシャル思考に近いものを感じるわ。
 
 で、結果ギターは残ったんだ?」

 

N
「これは俺の『遊び心』という
 アイデンティティとして残った大事な物だわ」
 
残したモノに自分がどんな思い入れを
 持っているのかを確認できるのも
 ミニマリズムのいいところだと思うよ」
 
「ミニマリズムというより断捨離かな」

 

という会話がありました。

 

まとめると

  • モノが少ない=レベル高いは意味不明
  • 物を減らすのは『手段』であり『目的』ではない

  • 『今、当たり前に使っているものは重要か?』
    を考え重要なことに集中することがミニマリズム

  • 残したものにはアイデンティティーが現れる

 

ということでした。

物を捨てる

ミニマリズムを持ってみた

こんな感じで
「当たり前に使っているものに疑問を持つ」
ことでミニマリストにはなれるようです。

 

僕は副業で独立を目指していますが、
ミニマリズムはビジネスにも大いに
関わりがあると思いました。

 

作業環境は雑多にモノが散乱している部屋よりも、
「作業しかやることねぇ」という部屋を整えたり

 

「今いちばん重要な作業はなんだ?」
と考えてあれもこれもに手を出すのではなく
戦略を立ててあとはやるだけの状態にしたり…

 

ちなみに成功している人は本当に短期間で、
成功に直結すること「しか」やらないです。

いろんな成功者の自伝や、ブログを読み漁り、
起業家で成功している友人もみんな同じでした。

 

僕もミニマリズムを成功への手段として据えて、
Nにアドバイスをもらいながら、
部屋のモノをバンバン捨てました。

 

Nから捨てることを勧められて
一番驚いたのがゴミ箱を
捨てることでしたね。

 

「いや不便でしょ」
って思ったのですが、代わりにキャンプ用の
ゴミ袋スタンドというものにしました。

 

キャンプ用品で、折りたたみ式のスタンドに
ゴミ袋をかけて使うものですね。



それまでは部屋に3つゴミ箱があり、
常にゴミが溢れそうな状態だったのですが、
ゴミ袋スタンドを買い、
シンクの下にある空間に入れました。

(自炊をしばらくしていなかったので
 そこにあった調味料は全部捨てました)

 

するとゴミの絶対数が
めちゃくちゃ減りました。

 

ゴミを捨てるためには
シンクの下の扉を開けて
ゴミ袋スタンドを引っ張り出し、
捨てる必要が生まれました。

 

その結果ゴミを増やすこと自体が面倒になり、
そもそもモノを増やしたり、
ゴミを出さなくなりました。

それに全然不便じゃないです。

 

ものを買うときもミニマリズムは
持っておいたほうが良い考え方ですね。


似たような3000円の服を3枚買うよりも、
1枚を真剣に選び9000円で買ったほうが
コスパは良かったりします。

やっぱりいいものは長持ちしますからね。


余談ですがNのベッドは
「コット」と呼ばれるキャンプ用品でした。

折り畳めるベッドフレームだと思ってください。

その上に布団を敷いて常用しているんですね。

キャンプ用品は実用的でコンパクトに
収納できるものが多いので、
非常に見ていて楽しいです。


このように「当たり前にあるモノ」
「本当に必要か?」と疑問を持つのが
ミニマリズムの本質であり、入り口なんでしょう。


そして考え方としては
「重要なものに絞る」
というのが最も大切です。


モノを捨てることだけでなく、
「やること」も絞ること。


その考え方が習慣になり、
環境を整え、行動が変わり、
結果「豊かな生活」に
つながるのではないでしょうか。




ご意見やご感想、ご質問などございましたら
お気軽にご連絡ください。

なめたけへのお問い合わせはこちら

お待ちしていますね。

それでは!

メールマガジンはじめました

僕はビジネスをはじめて
人生が大きく変わりました。


お金がないことに苦しみ、
やりたいことが何もできず
食べたいものも食べられず
親の顔を見ることさえ叶わない


そんな生活を送っていました。


ですがビジネスに出会い、
90万円ほど自己投資し、 真剣に学んで行動する中で


給料をもらう以外の方法や、
人生を豊かにする考え方、
本当の自由な生き方など、
学校では教えてくれない知識を手に入れました。


知識を蓄え、思考を鍛えることで
人は誰でも、いつでも変われるし成長できます。



人生は変えられるんです。



これは僕の経験から断言します。


ですので僕は学び続けたいし、
成長し続けたいと考えています。


僕はもともと仕事も出来ない、
頭も悪いただの貧乏社畜でした。


ですがビジネスに取り組みはじめて
20歳年上の人から
「ビジネスを教えて下さい!」と言われたり
コンサルできるくらい成長できています。


そして今では、昔の僕のようにお金に苦しむ人を
すこしでも救えたらいいなと思っています。


「ペイ・フォワード 可能の王国」
という映画をご存知ですか?

その映画の中で

「世の中は思ったよりクソじゃないってことを伝えたい」

という話を主人公の少年が言っています。
まさにこの言葉を僕も広めたいです。


そういった考えも含めて
僕が学んだことを精一杯
お伝えするためにメルマガをはじめました。


ブログよりも遥かに濃い内容を
読みやすくお話していきますので
ご興味があれば登録してみてください!


→メールマガジン登録はこちら


それでは最後まで読んでくださりありがとうございました!