どうも、なめたけです。

今回の記事では
「稼ぐならリストマーケティングが最強だよ」
という話をします。

先日、あるインフラ関係の会社に
勤められている方(Kさん)とお話しました。

 

Kさんは僕よりも年下でしたが、
今勤めている会社の広がりの無さや、
上下の社内人間関係に疲れ果てて、
個人で稼ぐ方法を探し回っていたのです。

 

会社に勤めはじめて4年経ち、
仕事の内容を掴んでくると、
新しい刺激が全く無くなったそうです。

 

「新たにできることが増えたぞ!」

「そういう構造だったんだ!」

「もっと頑張らないと!」

 

という熱意や感動も次第に無くなっていき、
毎日毎日、目の前の仕事をこなしながら
食べて寝るだけの生活に絶望していました。

 

しかもその生活を続けた成れの果ての姿が、
毎日毎日顔を合わせる上司達なのです。

(お酒を注げだのなんだのと、
 社内の人間関係(年功序列)も
 正直嫌いだとおっしゃってました…)

 

異動もなく同じ場所に何十年も縛り付けられ、
後輩や部下にマウントをとりまくる、
そんなおっさんたちのようになりたくなくて
Kさんは会社を辞める方法を探していました。

 

 

その過程で仮想通貨やMLMなど
数多くの副業を実践してきたものの、
正しい収益化の方法がわからずに
とりあえずブログでアドセンスを実践していました。

 

騙されたことも度々あったようですが、

「1年後、2年後に楽したい」

という強い希望を持って、
せっせと情報収集していたのです。

そんな中、僕と知り合い、お話しました。

会話

アドセンスやアフィリエイトは薄利多売

僕はKさんの気持ちが非常によくわかりました。

 

僕自身が会社員として上司の姿に感じるものも、
ほぼ完璧に一致していましたし、

それに、インフラ関係の会社に勤める従兄弟から
仕事の辛さや世界の狭さについては
度々聞かされていたからです。

 

そしてまず

「アドセンスで収益化は
 本当に難しいからやめたほうがいい」

ということをお伝えしました。

 

アドセンスで収益化を目指さないほうがいい
理由はこちらの記事に書いています。

 

その収益化の方法は間違っている

 

 

ちなみに初心者はブログアフィリエイトも
おすすめしません。

 

特化型ブログで何十万PVも集まるのであれば
不労所得として十分に成り立ちます。

 

ですが初心者が手を出そうとすると、

「アクセスを集めるのが大変」

「ブログに特化した魅力が必要」

「商品を買ってもらうライティング技術が必要」

「商品が販売停止=収入が0円になるリスク」

「大手のアフィリエイターと殴り合いになる」

などなど大きな壁がたくさんあります。

 

 

特に怖いのが大手アフィリエイターですね。

 

月に何十万~何百万も稼いでいるような
トップアフィリエイターはものすごく強いです。

 

その人達は何をやっているのかというと、

稼げそうなキーワードを調べ、
外注ライターさんを雇い、高品質な記事を
日に2,30本ブログにぶちこみます。

 

ブログ自体に200~300本の記事を入れ、
無事ブログが、Googleの検索順位で
1位を取ったらあとは放置です。

キーワード選定さえ外注している人もいます

 

そんな相手に個人で太刀打ちできるわけもなく、
ましてや雑記ブログでは全く歯が立ちません。

 

「外注できる金持ってるやつしか
 稼げないのかよ!」

という声があがりそうですが、
そんな事はありません。

 

個人がどう戦っていくのか。

その内容が僕がKさんにお話した、
リストマーケティングであり、
薄利多売を避けた高単価商品を扱っていく方法です。

リスト

リストマーケティングとは?

「リスト」とは「お客さんの情報」のことです。

リストマーケティングとは
「お客さんの情報をいただいて、
 そこへアプローチするマーケティング手法」
です。

 

最近はLINE@であったり、
リストのとり方もいろいろありますが、
「リスト」はメールアドレスが好ましいです。

 

なぜならメールアドレスは昔から廃れずに、
ずっと残ってきている媒体だからです。

 

LINEはいつ無くなるか(新しいものに変わるか)
がわかりません。

 

10年前に今のようにLINEが普及すると
考えていた人はどれほどいるでしょうか?

LINE、カカオトーク、Ctime…

SNSの流行り廃りは目まぐるしく変化しています。

 

2,3年後にLINEに代わる
便利な媒体が出てきたとしても
何もおかしくはないのです。

そんな中、メールはずっと残り続けています。

 

クレジットカードを作成するのにも、
アマゾンのアカウントを作るのにも、
必要です。

これからも変わらず残っている可能性が
非常に高いのです。

 

 

そしてリストマーケティングの何が強いかというと、
薄利多売の手法とは異なり、お客さんに
高単価の商品を買ってもらいやすく、
リピート戦略が使えるという特徴があります。

 

なぜならメールアドレスをいただいているので、
「お客さん個人」へアプローチが
かけられるからです。

 

そのお客さんに対して、
興味関心を引くメールを
継続的にお送りすることで、
お客さんをあなたのファンにします。

 

すると高単価の商品でも買ってくれるのです。

 

高単価商品を扱う場合、
少ない人に商品を買ってもらえばいいのです。

 

アドセンスやブログアフィリエイトよりも
よっぽど労力は少なく、ネットビジネスでは
自動化ができます。

 

 

少し考えてみてください。

 

あなたが月に30万円稼ぎたいとします。

 

A:1個1万円の商品を30人に売る

B:1個1000円の商品を300人に売る

 

どちらが大変でしょうか?

 

 

営業職の方ならわかると思いますが、
「A」のほうが圧倒的に楽です。

 

なぜならリアル・ネット問わず、
ビジネスで最も手間がかかるのが
「集客」だからです。

 

 

あなたがブログを書いている場合、
アクセスを集めるのは大変ですよね?

あなたがTwitterを運用している場合、
フォロワーを集めるのは大変ですよね?

 

SNSのフォロワーを増やすノウハウは
有料で売られているくらい、
集客というのは手間がかかるんです。

 

アドセンスやブログアフィリエイトは
ひたすらにアクセスが必要なので、
好んで「集客地獄」へ進んでいることになります。

疑問

高単価にするには?

では高単価の商品を売るためには
どうすればよいのでしょう。

 

一つは当たり前ですが、
高単価の商品を用意しましょう。

 

一つの商品そのものから
いただく金額を高めるのです

 

アフィリエイトでもいいですが、
独自商材をご用意することをオススメします。

 

独自商材の作り方については
こちらの記事で書きました。

あなたの商品の作り方

 

簡単に言えば、
あなたの経験や学んだ知識を
教材にしてまとめることになります。

 

「自分の商品を作るなんて難しそう」
と思われがちですが、そんな事はありません。

あなたの知識や経験を知りたい人は
この世にたくさんいるからです。

 

 

そしてもう一つの高単価を扱う考え方は、
お客さんをリピーターにするという発想です。

 

一人のお客さんが払ってくれる金額そのものを、
「回数を増やすことで」大きくするのです。

 

つまりリピート戦略です。

リピート戦略の効果について
わかりやすい話があります。

 

 

 

ある調味料を売っている会社の話です。

売上が下がってきたので社内会議が開かれました。

 

優秀な営業マンや、
開発部の人も集まり、みんなで

「どうすればもっと多くの人に売れるだろうか」

と頭を悩ませましたが
一向に解決策は出てきません。

 

そんな時、ある社員が言いました。

「調味料が出る穴の大きさを
 2倍にしたらどうですか?」

 

結果、売上は2倍になったそうです。

 

彼は視点が違いました。

 

「もっと多くの人に売ろう」ではなく、
「もっと売上を上げるため」を考えていたのです。

 

新たに買ってくれる人を増やすのではなく、
使ってくれている人に多く買ってもらうことへ
発想を転換したのです。

重要

リストがなぜ重要なのか

リピート戦略を行う上で、
リストがものすごく重要になってきます。

 

リストがあれば、
繰り返しお客さんへオファーができるからです。

 

ちなみに、お客さんへオファーすることを
「売りつける」と考えている人は
考え方が間違っています。

 

オファーの本当の意味は

「自分にはこれくらいの値札がついていますが、
 よかったらいりませんか?」

と尋ねることです。

 

欲しい人は買います。
いらない人は買いません。

 

それだけです。
無理やり売りつけないでください。

 

いらないものを売りつけることは
迷惑でしか無いですし、一歩間違えれば
普通に詐欺です。

 

やめてください。

 

 

 

 

さて、リストマーケティングは
あなたが普段目にする
多くの企業でも使われています。

 

 

例えばポイントカードやクーポンなどですね。

 

僕がずっとお世話になっている
スーツショップがあるのですが、
そこもリストマーケティングを使っています。

 

メールアドレスと住所を登録しているので、
季節の変わり目などに割引券や、
シューズキーパーのクーポン券などが
送られてきます。

 

そのチラシやクーポン券を見て

「季節の変わり目だし、
 新しいシャツを買いに行ってみようかな」

と先日もついつい足を運んでしまいました笑

お店のリピート戦略に
まんまと乗せられましたね笑

 

思えば冬用のコートやシャツもすべて
そのお店で買っているので、
僕はなかなかの優良顧客ですね…

 

実際、先日買ったシャツは、
肌触りがなめらかで通気性も高く
アイロンがけ不要。

そして痩せ型の僕にピッタリのサイズで、
非常に質が高く、同じものを3着購入できたので
満足しかしていません。

 

お店の人もダンディーで
色々と情報を教えてくれますし、
僕の要望もしっかり聞いてくれるので
そりゃリピーターにもなりますわ…
って感じです。

 

このように、
リストを取ったリピート戦略は
リアルビジネスでも、ネットビジネスでも
非常に有効な戦略なのです。

 

まとめ

今回の内容をまとめると、

「薄利多売は難しい」

「リストマーケティングは
 リピートを絡めて
 オンラインでもオフラインでも最強」

という話でした。

 

それでは!

メールマガジンはじめました

僕はネットビジネスをはじめて
人生が大きく変わりました。


なんとなく生きて、
会社に依存して、
ぼんやりとした不安が
ふとした瞬間に訪れる。


そんな生活を送っていました。


ですがネットビジネスに出会い、
90万円ほど自己投資し、 真剣に学んで行動する中で


給料をもらう以外の生き方や、
人生を豊かにする考え方、
人を動かす方法など、
学校では教えてくれない知識を手に入れました。


そして何より、
「知らない」ということは
非常に恐ろしいことだと学びました。


ビジネス以外についても言えますね。


例えば


お金についての知識がないだけで、
社会保険料を多めに支払っていたり。


睡眠についての知識が無いために
1日を台無しにしてしまっていたり。



逆に考えると、
知識を蓄え、思考を鍛えることで
人は誰でも、いつでも変われるし成長できます。


これは僕の経験から断言します。


ですので僕は学び続けたいし、
成長し続けたいと考えています。


僕はもともと仕事も出来ない、
私生活もダメダメのクズ野郎でした。


ですがビジネスに取り組みはじめて
知人友人から「変わったね」と言われる程度には
成長出来ていると感じています。


そして同じように考え、行動してくれる人が
増えるといいなと思っています。


そうすれば、昔の僕みたいに苦しんでいる人を
少しでも多く手助けできると考えていますし、
長い目で見れば世の中が少しだけでも良くなると
本気で考えています。


「世の中」を作っているのは「人」だからです。

そして「人」を少しでも良くしたいと思います。


「ペイ・フォワード 可能の王国」
という映画をご存知ですか?

その映画の中で

「世の中は思ったよりクソじゃないってことを伝えたい」

という話を主人公の少年が言っています。
まさにこの言葉を僕も広めたいです。


そういった考えも含めて
僕が学んだことを精一杯
お伝えするためにメルマガをはじめました。


ブログよりも遥かに濃い内容を
読みやすくお話していきますので
ご興味があれば登録してみてください!


→メールマガジン登録はこちら


それでは最後まで読んでくださりありがとうございました!